トップページ > 不妊治療

不妊治療


不妊鍼灸治療とは

鍼灸は不妊症に対して、どのような効果がありますか?

不妊症の鍼灸治療でホルモンのバランスを整えることができます。
また、東洋医学では冷え性により骨盤内器官が冷えてしまうと妊娠しにくくなるとされています。お灸で不妊症のツボに温熱作用を与え、鍼で全身のバランスを調整することにより、卵巣、子宮など骨盤内器官の機能が改善されます。
また子宮の血流がよくなることにより、受精卵が子宮内に着床しやすくなり妊娠しやすい体質へと導きます。

① アメリカ生殖医療学会のデータ

体外受精を受ける160人を鍼灸治療無しのグループと鍼灸治療有りの2グループに分けて着床率を調べた結果、鍼灸治療無しのグループは26%に対し、鍼灸治療有りのグループは43%になったというデータがある。この調査結果は妊娠に対し、鍼灸治療がいかに効果的であるかを証明する客観的データである。

② 明治鍼灸大学の臨床データ

過去5回以上、体外受精を行って一度も妊娠したことがない方を114人集め、一定期間、週1~2回のペースで鍼灸治療を行った結果、114人中の43%の49人が妊娠した。 過去5回以上の体外受精で1回も妊娠できないということは、妊娠がかなり困難ということになる。アトランダムに114人集めたのではなくあえて妊娠がほぼ絶望的な人だけ114人集めてその上で、妊娠の確率が40%を超えたことは、驚異的な事実である。
この①②の各データは、あくまで 週1回の治療を一定期間継続した からこそ、妊娠出来たものである。したがって治療をしたり、しなかったりであれば、妊娠のパーセンテージは当然下がります。半年後、1年後の妊娠を目指すのであれば、しっかりと治療すべきであり、それができないのであれば時間とお金が無駄になります。

料金

初診
3,500円
2回目以降
3,000円
(5回・回数券の場合 : 1回 2,500円)

*不妊鍼灸治療をご希望の場合はご予約の上、来院してください。

通院期間

効果的な通院の目安と通院期間

治療期間は、平均的に5~10ヶ月程で妊娠。早い人で1ヶ月程度、回数にして20~30回程。 通院は、週1回定期的に通われている方が一番効果を上げています。効果の出方は様々ですが、人間の体質&細胞が改善されるのに、最低3ヶ月以上が必要です。年齢が増すとさらに時間を要します。

当院不妊治療の特色

初診時は、無料個別カウンセリング&相談にて具体的な治療方法・治療方針をご説明させていただきます。残念ながら妊娠することが不可能または困難と判断した場合、治療をお断りさせていただくことがございます。

治療方法・治療方針

良導絡・脈診にてその日の状況・状態に合わせた治療を行います。

生理期・低温期・高温初期・高温後期&人工授精・体外受精に合わせた治療を行います。

現在に至る不妊の原因を究明し、妊娠していただくために必要な4つの検査をお勧め致します。

妊娠するために患者様ご自身(&ご主人)で出来ることを指導致します。

① 体調管理(常時、ベストコンディションで妊娠し易い環境を作り、維持する)

鍼灸・食事・運動(筋トレ&ストレッチ)・睡眠・ストレス・日常生活・その他のご指導・ご相談に対応させていただきます。

② 性交渉のタイミングと頻度

具体的に理論的に、ご説明させていただきます。

その他、気になる事は何でも、ご相談ください。(守秘義務・秘密厳守)

ページのTOPへ

施術事例